女性

好印象な二重にするために口コミでも有名な手術を受けよう

好印象を与える

婦人

一重と二重の割合は、日本人の場合だと通常一重が7割で残りの3割が二重とされています。しかし、テレビや映画などに出ているモデルや俳優の多くが二重のまぶたで整った顔立ちをしているためこうした二重に憧れる方が後を絶たないのです。二重の手術方法は美容外科によって様々な方法が施されていますが、自分の一重のタイプやなりたい二重のタイプに合わせて選ぶことが可能です。しかし、必ずしも自分のなりたい二重や口コミに書かれていたような目になれるかといった話はまた別になってきます。これは、手術を受ける本人の目の状態と行なう手術の方法によって結果が変わってくるためなのです。こうした問題は、担当してくれる先生などに自分の要望に合う施術方法がないかを相談をすることが一番いいとされています。比較的かんたんに手術を行ないたいと望む方には、二重まぶたにするためにラインを決めて糸で縫い合わせる施術を行なう埋没法が多く施されています。この埋没法は施術時間として約10分程になり、費用は約5万円から10万円の間として設定されています。埋没法を施した後は、患部に内出血が発生することが多くこの内出血によって腫れが目立ってきます。しかし、これは埋没法に限らず他の施術でも必ず出てきますが他の施術に比べると埋没法による腫れはすぐに引きます。メスを使って皮膚を切開することがないため、その分腫れが出てこないといえるでしょう。埋没法は糸を取り付けることによって二重を作り出すことができるのですがこの糸は長年そのままにしていたり、目を強く擦ったりすることにより患部の糸がゆるみ一重に戻ってしまうリスクがあります。このリスクは手術自体が比較的かんたんなもののためどうしても仕方がないことなのですが、もし、こうしたリスクを背負いたくない場合には口コミにもある完全に二重にすることのできる切開法を受けるといいです。
切開法は口コミサイトにもあった埋没法と違い、一重まぶたの原因であるまぶたの脂肪を二重にする予定のラインに合わせて除去する方法になっています。この施術はまぶたの脂肪を取り除くことによって二重を作り出しますが、まぶたの脂肪が取り除かれることによってスッキリとした印象にガラッと変えることができるのが特徴とされています。また、切除する脂肪も人によって変わってくるため、ほんの少ししか切除しない場合であれば術後に発生する内出血や腫れも埋没法とあまり変わらないこともあります。切開法では一重の原因である脂肪自体がなくなるため、以前のように一重に戻ることがなく継続的に二重の状態が続いていくでしょう。どちらの施術も口コミサイトに記述されているようなメリットとデメリットが存在しているため、自分の要望やなりたい目のタイプに合わせた施術を選ぶことが重要になってきます。術後の腫れなどをケアするために温かいタオルで患部の血行をよくすることがありますが、本来患部を温めるのは腫れが引いたあとに行なうものになりますのでこうしたケアの方法も必ず担当医に教えてもらうべきです。